事業資金をお求めの「個人事業主」のお客さまへ

不動産を活用して長期に事業資金を調達する方法

不動産担保ローンの特長

個人で事業を営む上で、あらゆる場面で資金調達が必要となるものです。例えば、新たな店舗を開店する際の開業資金や、事業拡大を目的とした設備投資、また、急な運転資金不足など、さまざまなケースが考えられます。三井住友トラストL&Fの不動産活用ローン(ビジネスコース)は、個人事業主のお客さまが不動産を担保として、事業資金の借入に活用できるローンです。自宅や店舗のある土地などご所有の不動産を担保としますので、長期借入が可能で、毎月の返済額を軽減することができます。また、創業時融資を受ける際には、過去の事業実績がないことから、銀行等金融機関の無担保ローンでは審査が通りにくい場合がありますが、三井住友トラストL&Fの不動産活用ローン(ビジネスコース)では、事業計画の実行性や返済計画に加え、不動産の担保評価を含め総合的に審査、評価します。

個人事業主のお客さまの銀行等金融機関からの融資について

個人事業主のお客さまの場合、どうしても法人に比べると信用力が弱いため、回収リスクが大きいと判断され、銀行等金融機関から融資を断られてしまうといったケースも少なくありません。また、融資を受けられる場合でも運転資金や設備投資などと資金使途が限定されてしまうため、他の資金使途に流用することはできません。
一方、三井住友トラストL&Fの不動産活用ローン(ビジネスコース)では、上記でも述べたように、不動産を担保にしているため、信用力のみにとらわれることなく、納税資金など資金使途も自由で、個人事業主のお客さまにとってご利用しやすいローンといえます。

不動産担保ローンのお申込みにあたって

お申込みにあたっては、担保となる不動産の関係書類や企業の事業実績に関する書類などが必要となります。不動産に関する必要書類としては、物件案内図、登記事項証明書(不動産登記簿)、公図、地積測量図、建物図面などがあり、これらは法務局で準備できます。企業の事業実績に関する必要書類としては、直近3期分の決算書、代表者の本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証など)などがあります。

図:不動産活用ローンの特長

  • お問い合わせ・ご相談はお気軽に フリーダイヤル 0120-22-9196 受付時間 平日9:00 ~17:30
  • 不動産担保ローンオンラインお申込み お申込みはこちらから

ページトップへ