事業資金をお求めの法人のお客さまへ

不動産を活用して長期に事業資金を調達する方法

不動産担保ローンの特長

企業経営において、事業資金の調達は、経営の安定化や事業の拡大に欠かせない重要な課題です。しかし、銀行等金融機関の無担保ローンのように主に事業の実績をもとに審査するローンでは、希望通りに融資が受けられない場合があります。例えば、設備投資や運転資金として資金調達したいというケースでも、直近1~3年の決算の内容が良好でない場合、銀行や金融機関から融資を断られてしまう場合があります。一方、三井住友トラストL&Fの不動産活用ローン(ビジネスコース)では、不動産を所有していれば、それを担保として事業資金の借入に活用することができます。また、資金使途が自由なため、納税資金への流用も可能です。さらに、不動産を担保に借入を行うため、返済期間を長めに設定でき、毎月の返済額を軽減することができます。これにより、資金繰りに余裕が生まれ、経営の安定化を図ることができます。

不動産担保ローンのお申込みにあたって

お申込みにあたっては、担保となる不動産の関係書類や企業の事業実績に関する書類などが必要となります。不動産に関する必要書類としては、物件案内図、登記事項証明書(不動産登記簿)、公図、地積測量図、建物図面などがあり、これらは法務局で準備できます。企業の事業実績に関する必要書類としては、直近3期分の決算書、代表者の本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証など)、法人の登記事項証明書などがあります。

図:不動産活用ローンの特長

  • お問い合わせ・ご相談はお気軽に フリーダイヤル 0120-22-9196 受付時間 平日9:00 ~17:30
  • 不動産担保ローンオンラインお申込み お申込みはこちらから

ページトップへ