会社員のAさんは、親族の死亡によりその遺産である賃貸アパートを相続するとともに、親族が生前経営していた会社を承継しましたが、会社に債務があったため相続したアパートを担保に融資を受け、その債務を精算しようと取引のある地元銀行に相談したところ、資金使途が原因で融資を断られたため、三井住友トラストL&Fに融資を申込み。

三井住友トラストL&Fでは、不動産の担保価値と今後の収益性を総合的に判断し、融資を実行。

不動産活用ローン(フリーコース)について詳しくはこちらから

その他の事例ご案内

新規事業資金・開業資金のお取引事例
会社員のKさんは、勤めていたデザイン会社を退職して独立し、友人と新しい事務所を設立することを決意。
所有不動産売却つなぎ資金のお取引事例
会社員のBさんは、勤めていた会社を定年退職したことを機に、都内に所有していた自宅を売却し、田舎に移り住むことを検討。
販売用の在庫物件を活用した資金調達のお取引事例
不動産会社のG社は、納税資金を確保すべく、販売中の区分所有マンション10戸を担保に、普段から取引を行っている銀行に融資を申込んだところ、同行は、プロジェクト資金に該当しないことを理由に謝絶。
迅速かつ低利な資金調達のお取引事例
不動産会社のF社は優良な物件の情報を手に入れた為、他社に先んじて購入できるよう取引銀行に迅速な審査を依頼。